地震調査研究推進本部 地震記象紙検索システム
      検索システムについて     データについて     検索     地震調査研究推進本部  

地震記象紙検索システムについて

English

地震記象紙検索システムについて

本システムは、地震調査研究推進本部の強震動評価に活かす目的で、文部科学省からの委託により、公益財団法人地震予知総合研究振興会が、気象庁所蔵の地震記象紙の中から主だったものを選んでスキャンした画像データを公開するものです。こうした過去の地震記録の画像データは、地震防災の調査研究に資する貴重なデータです。

ご利用に当たっての注意事項

利用者は本システムから取得したデータを第三者に提供することはできません。また、営利目的の使用はできません。
本システムで提供している全ての地震記象紙画像の著作権は、文部科学省地震調査研究推進本部、気象庁、公益財団法人地震予知総合研究振興会にあります。
本システムのデータを利用した成果公表には、画像自体の掲載の有無に関わらず、

「気象庁所蔵の地震記象紙を文部科学省および(公財)地震予知総合研究振興会が高解像度スキャンし、デジタル画像化したものである」

旨のクレジットを明記してください。
なお、本データを利用した印刷物が出版された場合は、お手数をおかけいたしますが印刷物のコピー一部を下記宛にお送りいただけますようお願い申し上げます。また、本システムの画像データからデジタイズドデータを作成された場合には、今後の地震調査研究に活かす目的で本サイトで公開するため、データ提供をお願いしております。古い地震波形情報の利活用促進に向けて、ご協力の程よろしくお願いいたします。


<連絡先>
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1-5-18 千代田ビル8階
公益財団法人地震予知総合研究振興会 地震調査研究センター
気象庁地震記象紙画像データ係
TEL:03-3295-1501/FAX:03-3295-1507
E-mail:

システム概要

【必要な環境】

このシステムを利用するためには、ブラウザでJavaScriptの設定を有効にしてください。


【ファイル形式】

閲覧・ダウンロードが可能なデータは、地震記象紙全体を400dpiで画像化したのちに、ファイルサイズが1MB程度に非可逆圧縮した、JPEG2000形式のファイルです。 ご使用のコンピュータのOSがMac OS Xの場合、プレビューでJPEG2000形式のファイルを閲覧可能です。 Microsoft Windowsの場合は、JPEG2000が閲覧可能なソフトウェアをご用意下さい。
なお、Microsoft Windowsの場合は、下記ビューアでJPEG2000形式のファイルを閲覧可能です。


◆JPEG2000ビューア Jp2kView

ダウンロード

作成:クラボウ(倉敷紡績株式会社)
OS:Windows Vista/7/8 (32bit/64bit)
サイズ:271KB
使用方法:解凍後にexeファイルを実行してください。

オリジナルのTIFFファイル(ファイルサイズは200MB前後)を入手したい方は利用申請を行ってください。

免責事項

このシステムを利用することで生じた利用者の直接又は間接の損害については、利用者がその一切の責任を負うものとし、文部科学省、気象庁および公益財団法人地震予知総合研究振興会は、いかなる責任も負わないものとします。


 

Terms and Conditions for users of "HERP data retrieval system of JMA analog seismograms"

These images of analog seismograms preserved by Japan Meteorological Agency (JMA) were made by the Association for the Development of Earthquake Prediction (ADEP) under the support of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology in Japan (MEXT) for the Headquarters for Earthquake Research Promotion (HERP) of Japanese government. All rights are reserved. Those who used any part of these scanned images for their research should mention that they used "HERP data retrieval system of JMA analog seismograms" and specify the credit shown below. Any commercial use of these images is not allowed. Anyone cannot transfer any part of data obtained from this system to third parties. The copyright of all images in "HERP data retrieval system of JMA analog seismograms" is kept by the Association for the Development of Earthquake Prediction, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology in Japan, and Japan Meteorological Agency. When a user publishes a paper with the data of this system, regardless of the presence or absence of the image itself in the publication, should specify the credit that "We used Digital images of JMA seismograms prepared by ADEP and MEXT of Japanese government.", and sends a copy to the following address:

Clerk for JMA seismogram images
Earthquake Research Center,
Association for the Development of Earthquake Prediction

Chiyoda Buil. 8th Floor,
1-5-18, Sarugaku-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, 1010064 Japan
tel: +81-3-3295-1502
fax: +81-3-3295-1508
E-mail:

We also request to send us the digitized waveform data made by users to compile old seismic waveform data and promote research of old events. Please provide published waveform digital data to be shown in this site with the reference which should be referred in other users of this system.

File format

A highly compressed JPEG2000 file of a size around 1MB made from a 400dpi scanned image of the entire seismogram. It can be previewed and downloaded. If you are using Mac OS X, JPEG2000 viewer is included. In the case of Windows, you need some viewers of JPEG2000 file.

Disclaimer

A user of this system has sole responsibility to any damages direct or indirect due to the usage of this system. MEXT, JMA, and ADEP shall not take any responsibility.

 

Copyright(C) Association for the Development of Earthquake Prediction,
The Headquarters for Earthquake Research Promotion, and The Japan Meteorological Agency, All Rights Reserved.